M i w a U S U I
2019.11/1 - 11/20
BASIC AND ACCENT 企画展
「パンとワインのある風景」
BASIC AND ACCENT自由が丘
    
Text Size : A A A
Img_c603638bd704a9824fc2efecef4b27db
とりあえず生!
Img_029217b02a1219ae4963a6681b052f92
アサリの酒蒸し
Img_e21b5448de9dc4a6ff81c9ec96c2bdb7
ほうれん草の卵とじ
暑い暑い岐阜nutaさんでの展示の初日を終え、待ちに待った生ビールで乾杯!

今回は展示に合わせてくれてMMコンビによる車旅です。
一緒に行くはずだったしろくまは熱中症気味で安静の為自宅待機。

私が展示会場のnutaさんにいる間MMは岐阜を散策予定だったのですが
あまりの暑さで帰ってきたら湯気が出てるんじゃないかと思うほど茹で上がっていました(@@;)

ホテルにチェックインを済ませ(フロントがおばあちゃんでびっくり。)
MMおすすめの玉宮大飯店へGO.
鉄板の前の臨場感あふれる席を予約しておいてくれました。
とりあえずのもやしのナムルもエリンギ焼きもふわっふわのほうれん草の卵とじもおいしかったなぁ。
(卵とじは動画も撮ったけどここに載せられないのが残念。家で再現したいな。)

二軒目で一杯飲んで、ホテルで一杯飲んで、とりあえず初日終わってほっ。



二日目。
ホテルでモーニングを済ませてから
(なんと昨夜遅くまでフロントにいらしたおばあちゃんがモーニングの準備をされてた@@)
Mさんが6年越しで行きたかった通称?ダリの喫茶。

めっちゃアイビーに覆われた外観。
(後で聞いたけどなんと全部プランターで育ってるそうです(@@ )

店内入ってMさんが思わず「お髭がない。。。」

なんとトレードマークのダリのようなお髭がなくなっていたけど
個性的で愛情あふれる、謎のの交友関係をお持ちのマスター。
そして片づけられない病気だとご自身で言われていた独特の世界観で溢れる店内。
美味しいコーヒーとボリューム満点のケーキ。

なんなんでしょうね、不思議な空間。
満喫して、また来ます!と3人で出ました。
『プティ・ミュゼ シェ・ドーム (petit muse'e chez daum)』 (Click!) 
Img_6696be8404504f3f980aa0c06f8ed206
覆われれます。。。
Img_75cd947961feed1764ace38e86353aac
マスターと時計比べ
Img_bdedf50287e54b415007e7d1b767d6a5
有名なイラストレーターのイラストのお名刺とケーキ
Img_aa60c502095a78c77ba33218dec8c2d3
その後、私たちはこの暑い日に日本で最も暑いといわれる多治見に突入。

Mさんが当初計画していたところは屋外なので今回は危険を察して取り止めにし
前夜のホテルで、行く?となった多治見市タイルモザイクミュージアム。 (Click!) 

この建物が藤森照信氏によるもので以前から行ってみたかったのでした。
大自然の中にあるのかと思いきや、、、
普通に住宅地に現れ、公民館的なところと駐車場も共有という。。。

Img_febff33e6e2e70a982eeb75df4fc9de6
Img_74f54cc6b03d6c872c856280616fe2b0
Img_296101018b522d036ecf48a3f7d1b74a
近くまで着くとなにやらリードを引っ張っている人が。
何をお散歩中かと思ったら!イグアナだったw(@@)w
頭を緑に染めているお兄ちゃんが霧噴きで水をかけながらお散歩中。
2歳で人間だと女子高生がくらいでフィンキーちゃんというらしい。
なんかちょっとかわいくなって飼いたくなりましたよ。
まぁしろくまに却下されるだろうけど。。。


モザイクミュージアムは入るとまず4階まで行き
そこから下に降りるようになっているのですが
4階の天井が吹き抜けで暑いのなんの。。。
もっと気持ちのよい季節ならもっと楽しめただろうに。。。

下の階では銅板を使ったタイルの工程がありましたので
また別途書きます。

Img_3ef78d0caf830d38ffd981ac4f81a34d
焼きしゃぶしゃぶとネギたん
Img_92537db6f2aef70ff5f5b7734c79a65d
忘れました(^^;
Img_994b7090290219501ced19f024e3142b
そして。多治見から向かったのは、ほぼ今回の旅の目的のような(いやいや本当の目的は展示)
飛騨牛が安く食べられる養老市の養老焼肉街道。

MMおすすめの勝っちゃん。 (Click!) 
おすすめメニュー頼んでもらい、私が気になったのは聞いたことのない部位。
「カッパ塩麹漬け」
カッパとは、牛の前腹の皮と脂身の間にある赤いスジのことで希少部位だそう。
甘みや旨みがありこりこりとかためとか。好奇心をそそる部位だこと。

大満足でおなかいっぱいになって最後はイチゴの中に練乳の入った練乳アイスで〆。

生ビール一杯しか飲んでないけど3人で10100円くらいでした。安っ。


お持ち帰り用に藤太により飛騨牛や岐阜に豚肉を買って帰る。

あぁ満喫岐阜旅終わったなぁ。。。



養老焼肉街道3軒はしごのブログありましたので (Click!)