M i w a U S U I
2019.11/1 - 11/20
BASIC AND ACCENT 企画展
「パンとワインのある風景」
BASIC AND ACCENT自由が丘
    
Text Size : A A A
Img_b9e51a24421f4249bcf93ca4b8dd98c9
西日本豪雨から一週間経ちました。
あの日この写真が母から送られた時の衝撃。
ほんとにほんとによく知っているよく通っていたところがこんなことに。。。


Img_194c13693ae29c85784c035be156ed74
Img_0158b9affda3608fa2277087d2677205
7/8中国新聞
Img_9345078ed5a12695c0c975aea1400cfb
7/10中国新聞
そして実家のある町内も死者が出るほどの土砂崩れ、
知ってる場所や道路の土砂崩れ、浸水。本当に信じられませんでした。

東日本大震災の時も自分のところだったらと想像し
住めなくなるなんで原発は絶対いけない!とか少額だけど義援金を送ったりとしていました。
しかし実際に知っているところが大きな被害にあった変わり果てた姿を目の当たりにすると
(といっても写真とか映像ですが)、ショックは大きいです。

うちは無事でしたが心配になるもうちに帰るのに
一番激しい渋滞の広島熊野道路を通らないといけない。。。
7/9㈪うちの妹は渋滞しそうなので会社を早めに帰らせてもらうと言っていたので
私が夜10時半頃ラインで「無事帰れた~?」と呑気に聞いたら
「3時半に会社出て今さっき着いた。。。」と。7時間!?!?!?
明日も行くの⁇と聞いたら、しばらくして「自宅待機になった。」とのこと。
翌日の新聞が上です。

結局彼女は1週間休みになりました。
31号線が通れるようになったり少しずつ復旧している道路もでてきて
今週から出勤らしいです。

7/11㈬は阪急うめだ本店でで呉在住の佐々木しずさん (Click!) がガラス作家さんと二人展をされ、
ご本人もいらっしゃるとのことで伺いました。
会って一番「大変だったね~(><;)よく来れたね~(><;)」。
呉の被害やその後の状況を教えてもらいました。
呉や広島は想像以上の大変な状況でした。
飲料用のお水は足りてるそうなのですが
生活用水、お風呂トイレ、布巾を絞るにもちょっとした水がなかなか使えないとか。
自衛隊のお風呂も3時間待ちとか。。。
こっちにきてテレビを見て全然違うのでびっくりしたとも。

そうなんです、仕方がないことなのですがこちらだと番組の周りのテロップは早くになくなりました。
大きなところの被害しか情報も入ってきません。当たり前ですがみな普通に生活しています。
心が広島にあるので、私は広島の状況や情報が欲しくて最初はSNSで探したりしていたのですが
先週からずーっとRCC中国放送を聞いています。聞きながら個展の準備をしておりました。
細かな必要な情報、交通情報、各地別に必要なものやボランティア情報など詳しく状況がよくわかります。

自衛隊の方々や熊野や矢野の高校生やボランティアの方々の姿や黒田さんの寄付金など
胸が熱くなります。泣きそうになります。
行かなくてよいのかもやもやとしておりますが、私は私で今できることをしようと思っています。
ほんの少しの義援金。寄付したい自治体を選べるとこものもありますので
私は自治体が選べるものは熊野町に少し(ふるさとチョイス災害支援) (Click!) 
西日本豪雨全体のものに少しです。(Yahoo!基金 平成30年7月豪雨緊急災害支援募金) (Click!) 


この週末は個展の初日のため岐阜に行っておりましたが
ものすごい暑さでした。ちょっと外にいるだけで茹りそうなくらいです。
片付けや復旧作業暑いだろうな、きつだろうな、と思いをはせております。
実家が三原で自宅が浸水した友人もこの連休は物資を持って手伝いに帰っております。
くれぐれも熱中症になられないように、体調崩されないように。
Img_bcb04647e00a9c8b92c6784034967175
よく通っていた道路。矢野東
Img_1cbc67a892e98143643b0e70f8955180
たまにネットで見ているフランスのテレビでも報道していました。
各地で少しづつ復旧し始めているようですが
まだまだのところもあるようです。
母が「まだまだよー。」